“竜舌蘭”の読み方と用例
旧字:龍舌蘭
読み方(ふりがな)割合
りゅうぜつらん66.7%
アロエス6.7%
アロエース6.7%
アローエス6.7%
アローエズ6.7%
(その他)6.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“竜舌蘭”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学10.0%
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学(児童)7.1%
自然科学 > 自然科学 > 論文集 評論集 講演集5.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
これは竜舌蘭りゅうぜつらんの厚い葉の汁から製するそうで、近刊の某誌によれば次のような方法によるという。
〔出典〕話の種(新字新仮名)/寺田寅彦(著)
い上りから外は、型ばかりだが、それでも庭になっていて、竜舌蘭りゅうぜつらんだの、その他熱帯植物が使われていた。土人が銭に使うという中央に穴のある石が筑波井風つくばいふうに置いてあった。
〔出典〕河明り(新字新仮名)/岡本かの子(著)
夢のように美しいニースの『英国散歩道プロムナアド・デザングレ』や、竜舌蘭アロエスの咲いたフェラの岬をドリヴェできるというわけなのよ。この自動車はポルト・オルレアンの古自動車市で買ったんだから
あんなにも丹精なすって、五年目にようやく花を咲かせた、あの竜舌蘭アローエスを!
〔出典〕キャラコさん:08 月光曲(新字新仮名)/久生十蘭(著)
それは、海沿いの長い土壇テラッスの端にただ一脚だけ離れて置かれ、大きな竜舌蘭アローエズの鉢植が樹牆のようにその周りを取巻いていて、ちょうど鴨池の伏せ場のようになっている。
〔出典〕墓地展望亭(新字新仮名)/久生十蘭(著)
こうなれば、一見してすでに明白です。勿論水分さえ吸えば、竜舌蘭リネゾルム・オルキデエの繊維は、全長の八倍も縮むと云われるのですからね。当然殯室モーチュアリー・ルームの前室に、湯滝を必要とした理由は云うまでもないでしょう。
〔出典〕黒死館殺人事件(新字新仮名)/小栗虫太郎(著)