党生活者とうせいかつしゃ
洗面所で手を洗っていると、丁度窓の下を第二工場の連中が帰りかけたとみえて、ゾロ/\と板草履や靴バキの音と一緒に声高な話声が続いていた。 「まだか?」 その時、後に須山が来ていて、言葉をかけた。彼は第二工場だった。私は石鹸だらけになった顔で振 …
作品に特徴的な語句
アド かた うわ かぶ うしろ はな かた かん あせ むく うえ あた たま 紙片かみ さかさ どま 商店みせや たし 無精むしょう ひろ あて かたま 四囲まわり ささ うわ ほん 切抜スクラップ がわ さく 独断ドグマ はしゃ うなず もも まぶ 白粉しろい 退 つる しば 角力ずもう なか ほと やか あらかじ たび なま あま 野地やじ こん そと まく しま すく まず わたし つか ひら せば こうむ しか 煽動せんどう はら はしゃ じい ひと ふち 編輯へんしゅう 綺麗きれい 細々こまごま 真似まね 硝子ガラス 石鹸せっけん 眼鏡めがね 眼差まなざし なが まゆ 直接じか