“野地”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やじ33.3%
やち33.3%
やら33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“野地”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
小作料があまり酷なために、村の人が誰も手をつけない石ころだらけの「野地やじ」を余分に耕やしていた。
党生活者 (新字新仮名) epub / 小林多喜二(著)
野地やちだもの梢もふくらんだ
サガレンの浮浪者 (新字新仮名) epub / 広海大治(著)
私達は廣い野地やらを別れ/\になつてうろつきまはつた。まつすぐに飛上とびあがりまた飛下りる雲雀のあとを追つて。
筑波ねのほとり (旧字旧仮名) epub / 横瀬夜雨(著)
雲雀のは其のまはりの草もろくに生えぬ露出むきだし野地やらに有るのだ。
筑波ねのほとり (旧字旧仮名) epub / 横瀬夜雨(著)