筑波ねのほとりつくばねのほとり
「雲雀の卵を拾らえに行んべや」 「うん」 「葦剖も巣う懸けたつぺな」 「うん」 眞ん中に皿を殘したかつぱ頭を、柔かな春風になぶられながら、私達は土手を東へ、小貝川の野地を駈け下りた。櫟は古い葉をすつかり振り落して新芽から延びた緑の葉が頬にう …
作品に特徴的な語句
はたて しづ ぼん かゝと たが 屋上をのへ うへ 口碑つたへ かつ あら をど かへる こべり くれなゐ そら 如何どう たひら あが ほゝ 鈴生すゞなり はひ 縱横たてよこ みづうみ うづ つゝみ 字形じけい 最中さなか 小篠こじの 小魚こうを つみ さん みづ ひたひ 露出むきだし 野良やら さへぎ とほ 連雀れんじやく はちす 芹摘せりつみ 花芒はなすゝき すゝき きづ 祖父ぢい あかり うづ あぶく さを 最初さいしよ まが しな とら 戌亥いぬゐ 恢復くわいふく のち たび 帽子ばうし 大木おほき とり 大串おほくし よる ゆふべ 下髮おはなり とげ つつみ 菜種なたね 足痿あしな 貝越かひごし 其頃そのころ くぼ へび 薄絹うすぎぬ つる 卷狩まきがり 古里ふるさと から つな はだ もと 友達ともだち とも 北南きたみなみ 葦剖よしきり 兩手りやうて 草刈くさかり くさ 花田はなた はな