“沒”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方(ふりがな)割合
ぼつ46.2%
23.1%
かく7.7%
7.7%
はま7.7%
ナシ7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“沒”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 法律 > 法制史33.3%
自然科学 > 医学 > 衛生学 公衆衛生 予防医学33.3%
文学 > 英米文学 > 戯曲16.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
けれどもづるまへきてぼつするまではたらくことはいまむかしかはりません。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
それでも小作米こさくまいのことは念頭ねんとうからぼつることはなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
今年はまるで日のりのやうに氣も重く
季節の馬車 (旧字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)
雲のはたてつきりて
筑波ねのほとり (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
かくれぬかげ天雲あまぐも
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
西なる山にかくるれど
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
みそはぎそばには茶碗ちやわんへ一ぱいみづまれた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
マーキュ へん「くろねずみ」とりゃ夜警吏よまはり定文句きまりもんくぢゃが、もしも足下きみが「黒馬くろうま」なら、「ぬま」からではなく、はて、恐惶おほそれながら、足下きみくびッたけはまってゐるこひ淵樣ふちさまから引上ひきあげてもやらうに。
革命者ナシ父子的關係