“徇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とな27.3%
27.3%
したが18.2%
じゆん9.1%
ふれ9.1%
シタガ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
汝も亦、かの尊き公布により、のすべての告示にまさりて、こゝの秘密を下界にへつゝ、我にこれを明すなり。 四三—四五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「俺はな、ほんでさ、西洋鵞鳥! 西洋鵞鳥! ってれて、一つ、売りに行って見べえかと思ってるのだけっとも。」
黒い地帯 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
さはさりながら、実生活の上の私は、この上もなく細心忠良な小市民であり、法律にうことを以て「最小限度のたしなみ」としていることだけは明らかにしておきたい。
(六四)君子りてせられざるをむ。(六五)賈子く、『(六六)貪夫し、(六七)烈士し、(六八)夸者し、衆庶(六九)む』
寸善尺魔俚言むべなる哉大藤武左衞門の女兒お光は孝行のならず隣家老婆婚姻の事如斯と歩行より思はぬ事の起りて喜ぶ幸ひも今ふり災禍を如何と尋るに此裏長家の家主を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かたると対照的になつてゐる方面のあるとなふといふ呪詞に関した用語も、実はへる義だ。言霊は呪詞の中に潜んでゐる精霊の、呪詞の唱へられる事によつて、目を覚まして活動するものである。