“沼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぬま82.0%
14.8%
1.6%
ヌマ1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
村の人たちは、その銅像を見あげては、のほとりで、薬草をさがしていたヘンデル先生のことを、しみじみ、思い出すのでした。
丘の銅像 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
味鴨の住む須佐の入江ののあな息衝かし見ずにして」(巻十四・三五四七)の用例がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
けれども其処に部落でも発達すれば、やがてそれが地名となり沼をも其名で呼ぶようになること、野尻湖の如き例が示す通りである。野は即ちの音に充てたものに外ならない。
上州の古図と山名 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
完了の助動詞の「ぬ」、「」「」「」「」などの「ヌ」は「奴」の類の文字で書いて、前の「怒」の類の文字では書かず、別の類に属する。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)