古代国語の音韻に就いてこだいこくごのおんいんについて
我が国の古典を読むについて何かその基礎になるようなことについて話してもらいたいという御依頼でございました。それで、我が国の古代の音韻についてお話申上げたいと思います。もっともこれについては、私の研究もまだ最後の処まで行き着いていないのでござ …
作品に特徴的な語句
タエ キエ ココロ アキラカ ヌク コエ カミ ヲシ ノチ オノ ツヌ ノボル イシ キヌ ヌシ 長閑ノドカ つま 殿トノ 長閑ノド シヌブ アマ 昨日キノフ ツキ 月夜ツクヨ アカ ユキ 吉野エシヌ アメ カミ シヌ 蝦夷エゾ カスミ キミ 正体せいたい ヌマ フエ キリ ヒコ 木立コダチ 椅子イス ツキ 火中ホナカ 神風カムカゼ おん あらかじ 光仁こうにん きま はま 田舍いなか おう くつがえ つか 長明ちょうめい くだ ヌエ もた 上海シャンハイ 上顎うわあご 享和きょうわ 人麿ひとまろ ほの 仮字かな 伝誦でんしょう 何人なんぴと 促音そくおん わず 儼然げんぜん 元明げんめい 出雲いずも 勿論もちろん なかば