“仮字”の読み方と例文
読み方割合
かな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
永享十年八月二十三日四季部奏覧を終え、一条摂政兼良が真字序・仮字序ともに作った。永享十一年六月二十七日全部の功を終えた。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
また本居宣長もやはり『古事記伝』の初めの総論に「仮字の事」という条に、明らかに音の区別であったといっているのであります。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
また外国音の方は外国の原字をそのまま用ゐるかまたは多少変化してこれを用ゐ、五母音の変化を示すためには速記法の符号を用ゐるかまたは拗音の場合に言ひし如く仮字をくつつけても可なるべし。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)