“沼沢”のいろいろな読み方と例文
旧字:沼澤
読み方(ふりがな)割合
しょうたく72.7%
せうたく18.2%
さわ9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
イリアムナ湖のところを指して、「ここのイギギクを中心にして、周囲の沼沢しょうたく地方を、方々釣って歩くのだ」と説明してくれた。
アラスカ通信 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
砂地すなじ沼沢しょうたくか多いランド地方の人は、沼地ぬまちを歩くとき水にぬれないように、竹馬に乗って歩くというのであった。
沼沢せうたくのわかれわかれに白くして清し東の蒙古の月夜
ヱミル・マンユは都市に対する水の美を論ずる一章に於て、広く世界各国の都市と其の河流かりう及び江湾の審美的関係より、さらに進んで運河沼沢せうたく噴水橋梁けうりやうとう細節さいせつわたつてこれを説き、なほ其のらざる処をおぎなはんが為めに水流に映ずる市街燈火の美を論じてゐる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
みことのくぐりられた草叢くさむらほうへと、ぶがごとくにせてきます。その背後はいごは一たいふか沼沢さわ