頼襄を論ずらいのぼるをろんず
文章即ち事業なり。文士筆を揮ふ猶英雄剣を揮ふが如し。共に空を撃つが為めに非ず為す所あるが為也。万の弾丸、千の剣芒、若し世を益せずんば空の空なるのみ。華麗の辞、美妙の文、幾百巻を遺して天地間に止るも、人生に相渉らずんば是も亦空の空なるのみ。文 …
作品に特徴的な語句
あく ちゞ まねき おく あらず うなづき きん さきだ かゝげ むく あた とが 洒然しやぜん ひるがへ とむら はなは むべ すく あひ くみ つか ゑん いづくん いさぎよ あはれ 揺籃えうらん かく いは なんぢ 直亮なほすけ 磅礴はうはく 膝下しつか 莫逆ばくぎやく ないがし 遽然きよぜん いへども よはひ つか たふ まゝ 呱々こゝ 喀血かくけつ 嗚呼あゝ かつ 市尹しゐん 惺窩せいくわ 所以ゆゑん なげう 拮据きつきよ はら 書牘しよとく 此処こゝ がう 毫末がうまつ 淹留えんりう 湊川みなとがは そゝ しか なほ をは ほゞ 程朱ていしゆ 穿うが をさ けだ 蕩児たうじ 藤樹とうじゆ のゝし 赫灼かくしやく とゞ から つか 遮断しやだん かへ かなへ 一邑いちいふ 不覊ふき すなは 俄然がぜん 偃武えんぶ 光圀みつくに 冲霄ちゆうせう 厳島いつくしま 古稀こき 咿唔いご かな とな もと 堙滅いんめつ