“偃武”の読み方と例文
読み方割合
えんぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
元和偃武以来、めてにありし宝刀も、今はその心胆と共にびて、用に立つべきもあらず。和といい、戦という、共にこれ俳優的所作に過ぎず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
神祖偃武以来のれ場所は実に今でなくて武士の一生涯にまたとあろうか——鐘巻自斎いかなる稀世の剣妙であるとも、勝たねばならぬ、撃ち込まねばならぬ。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蓋し元和偃武以来儒学の発達と共に勤王の精神は発達し来り、其勢や沛然として抗すべからず、或は源光圀をして楠氏の碑を湊川に建てしめ、或は新井白石をして親皇宣下の議を呈出せしめ
頼襄を論ず (新字旧仮名) / 山路愛山(著)