“沛然”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はいぜん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“沛然”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.7%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
窓近くにいた誰かがわめくのをきっかけに、窓外の闇をすかして、銀幕を張ったような大雨が沛然はいぜんと降り下りました。
赤耀館事件の真相 (新字新仮名) / 海野十三(著)
林町から自動車でかえって来たら、豪雨沛然はいぜんたる夜のなかに、連って光っているあなたのところの電燈が眺められました。