かみなり
山岳重畳という文字どおりに、山また山の甲斐の国を、甲州街道にとって東へ東へと出てゆくと、やがて上野原、与瀬あたりから海抜の高度が落ちてきて、遂に東京府に入って浅川あたりで山が切れ、代り合って武蔵野平野が開ける。八王子市は、その平野の入口にあ …
作品に特徴的な語句
きたなら とん 含羞はにかみ まじな 如何いかが いだ 戸口ここう そびや とう にわ かたわら いと そその 失敗しま 尖端さき はま 差支さしつか ゆす むね ちゅう 爽々すがすが けだもの まなこ 空嘯うそぶ いましめ うらやま うなず はぐく 落付おちつき 蚊遣かや ばか にぎや あか しか 与瀬よせ かね 今更いまさら 仰有おっしゃ ただ 住居すまい 何処どこ 便宜べんぎ くるま わず ひが わし 刺子さしこ 勢町いきおいまち 化助ばけすけ いや 口辺こうへん 可笑おか 吃驚びっくり 同胞はらから うめ 呼吸いき 咆哮ほうこう 哄笑こうしょう 喞筒ポンプ わら ささや 団扇うちわ ほか おびただ 天頂てっぺん 奔騰ほんとう むし 対手あいて 平左へいざ 御坂みさか おび こら うやうや 悧巧りこう ふる つつし なげ はばか 憤懣ふんまん おも 折柄おりから 折角せっかく かつ かかわ こしら