“驟雨沛然”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅううはいぜん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“驟雨沛然”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
おやッと思う間に、一朶いちだの黒雲が青空に拡がって、文字通りの驟雨沛然しゅううはいぜん、水けむりを立てて瀧のように降って来る。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)