“驟雨浴”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅううよく50.0%
シヤワアバス50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“驟雨浴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
驟雨浴しゅううよくもこれまでと、彼はたきの如くほとばし樋口といぐちの水に足を洗わして、身震いして縁に飛び上った。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
熱帯を過ぐる軍艦の甲板で、海軍の将卒が折々やると云う驟雨浴しゅううよく「総員入浴用意!」の一令で、手早く制服ふくをぬぎすて、石鹸しゃぼんとタオルを両手につかんで、真黒の健児共がずらり甲板に列んだ処は、面白い見ものであろう。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
燃殼のぷす/\いふ音や、水をけた時にはずみでほふり出してしまつた水差のこはれた響、それに何よりも私が惜しまず施した驟雨浴シヤワアバス水沫しぶきが漸々ロチスター氏を起した。