日本男子論にほんだんしろん
明治十八年夏の頃、『時事新報』に「日本婦人論」と題して、婦人の身は男子と同等たるべし、夫婦家に居て、男子のみ独り快楽を専らにし独り威張るべきにあらず云々の旨を記して、数日の社説に掲げ、また十九年五月の …
作品に特徴的な語句
亜細亜アジア 美事びじ 忌憚きたん 瑕瑾きず 分限ぶんげん 膾炙かいしゃ 不知不識しらずしらず てん 破廉恥はれんち 謬見びゅうけん 胚胎はいたい 薬餌やくじ 得々とくとく 有様ありさま 下郎げろう 等閑とうかん 二個ふたり じょ 衷情ちゅうじょう 都鄙とひ あまね 瞠若どうじゃく 妾宅しょうたく なら 拮抗きっこう 諸々もろもろ 巣窟そうくつ ゆず 富貴ふうき 痲痺まひ 爾後じご 今人こんじん 焔々えんえん 片時へんじ 冥々めいめい 無稽むけい 深更しんこう 俯仰ふぎょう たま 毎朝まいちょう 由縁ゆえん 余波よは こと 痛痒つうよう 世事せじ 遁辞とんじ 一毫いちごう 嫌忌けんき 好悪こうお こころよ 別品べっぴん 軽々けいけい 毫末ごうまつ 浩然こうぜん まも 土鼠もぐら みだ 忌諱きき 花柳かりゅう えん 大廈たいか 玩弄がんろう いばら 差置さしお 軽重けいちょう 瞞着まんちゃく へい 自儘じまま 虎列剌コレラ 上乗じょうじょう 娼妓しょうぎ ざい ほこさき てい 玩弄物がんろうぶつ 談柄だんぺい せっ 巫覡ふけん 詐偽さぎ 嗣子しし 大本おおもと たすけ 漫然まんぜん かしま かがや 鉄面皮てつめんぴ ぬき 附合つきあい しりぞ 青楼せいろう 早起そうき 汚穢おわい 在昔ざいせき 奔々ほんぽん 筆紙ひっし 胸裡きょうり 推移おしうつ