日本男子論にほんだんしろん
明治十八年夏の頃、『時事新報』に「日本婦人論」と題して、婦人の身は男子と同等たるべし、夫婦家に居て、男子のみ独り快楽を専らにし独り威張るべきにあらず云々の旨を記して、数日の社説に掲げ、また十九年五月の『時事新報』「男女交際論」には、男女両性 …
作品に特徴的な語句
おこの ただ 良人りょうじん さい おもえ しりえ めい まさ いず しょう なお 形体からだ こころよ 生々せいせい つまび げん ゆるや とも ちゅう いざの いわ がん 洒落しゃらく かん 今世こんせい せい ともの 絶対アブソリュート きょ かたわ ぐん いだ しつ おの たすけ よう とど こうむ きょう ばく かか せっ 一度ひとた こと しょう みだ あい たが わか おっと 仮令たと 何処いずく 等閑とうかん いさぎよ 過誤あやまり しこう めぐ 早起そうき こう かく 巫覡ふけん 軽々けいけい あなが ぶん おしひろ 戸外こがい ぜん 悚然しょうぜん くん 喫驚きっきょう かまびす さしお じつ いえ たっと きょ のち こと 毎朝まいちょう 比喩たとえ わたくし えき 潔清けっせい みな 片時へんじ 玩弄がんろう