“きん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キン
語句割合
47.5%
黄金23.8%
7.8%
4.7%
3.4%
1.3%
1.1%
1.0%
1.0%
0.8%
0.8%
0.6%
0.5%
0.5%
0.5%
0.3%
0.3%
0.3%
黄色0.3%
黄金色0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
純金0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
金將0.2%
金絲0.2%
金色0.2%
金足0.2%
金飾0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鍍金に通用させようとする切ない工面より、真鍮を真鍮で通して、真鍮相当の侮蔑を我慢する方が楽である。と今は考えている。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
宏大な美しい声と、幅の広い柔かな表現を持った人だ。ほかに望みのある人は『ファウスト』の「黄金の歌」などが面白かろう。
店の隅では、たばこの葉を鉋台にかけている者があるし、にかけて五十箱に詰めて、江戸へ出す荷ごしらえをしている者もある。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人びとがおのおのして仕事をしてるのを見ると、自分はのけものにされてるのじゃないかという考えをずることができない。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
又中根香亭の記する所を見るに、樗園は善くを鼓した。其伝統は僧心越、杉浦琴川、幸田親益宿谷空々新楽閑叟、杉本樗園である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
依田竹谷、名はは子長、盈科齋、三谷庵、又凌寒齋と號した。文晁の門人である。此上被に畫いた天保五年は竹谷が四十五歳の時で、後九年にして此人は壽阿彌につて歿した。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
「もうそんなかけ声を出さなくてもよいようになった、という文句には、まさに千の重みがありますわい。」
次郎物語:02 第二部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
河また河、谷また谷、ぼうぼうたる草は身を没して怪昼もく、そのあいだ猛獣毒蛇のおそれがある、蕃人襲来のおそれもある。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
「どう、どう、どう」と証書を取らんとする風早が手は、活動を失へるやうにて幾度へ得ざるなりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
此書院に古画幅を掛たり。広一尺一二寸三尺許装潢もふるし。一人物を頂きたり。舟に坐して柳下に釣る。欵なし。筆迹松花堂様の少く重きもの也。寺僧浦島子なりといふ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
恋愛によりて人は理想の聚合を得、婚姻によりて想界より実界にせられ、死によりて実界と物質界とを脱離す。
桜の実の熟する時 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
謄写版の『草の実』は、すぐ火鉢にくべられた。まるで、ペストでもまぶれついているかのように、あわてて焼かれた。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
「電気というものは、長い線で山の奥からひっぱって来るもんだでのイ、その線をば夜中にがつたって来て、このぺんの田畠を荒らすことはうけあいだね」
おじいさんのランプ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
このがくれて、文久(一八六一)になると、諭吉は、おなじ中津藩上級士族土岐太郎八次女とけっこんしました。
「おや、じゃないか、暫くこなかったねえ、どうしたんだともって心配してたよ」
反逆 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
では、それからの彼は、どうしていたかというと、襄陽の西郊にかくれて、弟のと共に、半農半学者的な生活に入ってしまったのだった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
渠はを正して、うやうやしく白糸の前にを下げたり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
という植物は元来に作る蔬菜の名であって、また菫菜とも、旱菫とも、旱芹ともいわれている。中国でも作っていれば、また朝鮮にも栽培せられて食用にしている。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
汝がこゑの 黄色の耳飾り
蛇の花嫁 (新字旧仮名) / 大手拓次(著)
黒い木に黄金色の金具を打ちつけた美事な化粧台、着物かけ、タオルかけ、歯医者の手術室にあるような硝子戸棚、その中に並んだ様々な化粧道具や薬品らしいもの、の隅の電気ストーブ
あやかしの鼓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その薄い膜を破って腸を胴の方へ押し付けると背中の骨の処人間ならば腰という処に色の白い玉子形の米粒位なものが一つ見える。それが即ち鶏のだ。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
客の三人は珍物よと聞きて賞翫しつつ小山夫婦に感歎し「なるほどこれは無類だ。いこと綿のくでその中に何とも言われん味がある。しかし中川君、鶏にもがあるかね」主人「あるとも、動物だもの。ただそれが背中の内にあるから素人に分らん。かつ去勢術が豚や馬に比して困難なのもそれがためだ」
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
燕王の心胸もとより清からず、道衍の瓜甲も毒ありというべし。道衍燕邸に至るに及んで袁珙を王に薦む。袁珙は廷玉の人にして、一種の異人なり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
燕王笑って曰く、が年に四旬ならんとす、鬚長ぜんやと。道衍こゝに於て金忠というものをむ。金忠も亦の人なり、くして書を読みに通ず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
しかしヘンデルはその間にも名作「アルキーナ」を作り、々十日間で「アレキサンドルの祭」を書いた。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
死刑される当の人は中納言藤原泰文の妻の子と泰文の末娘の花世姫、公子のほうは三十五、花世のほうは十六、どちらも後後の語草になるような美しい女性だったので
無月物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
玄白とは初代玄白であらうか。玄白は初め子がなかつたので、建部伯元勤を養つて嗣とした。其後一児を挙げたのが立卿予である。の事は伝に見えない。とのの事も亦同じである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
我輩とても敢て多弁を好むに非ざれども、唯に婦人の口をして能事終るとは思わず。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
蜀雲はの如し、と云へるはいとをかし。
雲のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「宜いではございません。純金では大変でございます」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
二人は斯うとしてゐるに、五十年をのあたりにめた程の精神の張を感じた。さうして張と共に、二人が相並んで存在してると云ふ自覚を失はなかつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
又曰く未茗椀換觥船、何復繊腰伴酔眠、家有縞衣侍吾返、孤衾如水已三年と。彼は喪に在るの間其愛妻とすらを共にせざりし也。如何ぞ独り長崎に於てのみ堕落せんや。
頼襄を論ず (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
右のごとく上士の気風は少しく退却わし、下士の力はく進歩の路に在り。一方にずべきものあれば、他の一方においてこれをせざるもまた自然の、これを如何ともすべからず。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
金將一手ぎましたよ。」
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「あんた、新らしい靴を穿いてるわね。まあ、なんて素晴らしい靴でせう! 金絲刺繍がしてあつてさ。あたしなんかには、誰あれもこんな素敵な靴なんて買つて呉れやしないわ。」
金色の 葉の おごそかに
秋の瞳 (新字旧仮名) / 八木重吉(著)
顔は丸顔で……もしもし……顔は丸顔で髪は真黒く、か何かで縮らした束髪に結って、大きな本真珠らしい金足のピンで止めてあったと云います。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
らの小卓に、緑色青銅の壺に金飾の覆をせたインドの香炉が置いてある。マタ・アリは、マッチをって手早く覆の小穴から投げ落す。白い煙りがあがった。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
手足しびれてすくみたるがごとく、ちょっとも動けず。強いて足をあぐれば、その重さ千をひくがごとく、手を動かせば、縛られたるに似たり。
おばけの正体 (新字新仮名) / 井上円了(著)
フランスのシャール七世、或時殺人罪を犯した一寵臣の死刑を特赦しようとして、掌璽大臣モールヴィーエー(Morvilliers)を召して、その勅赦状に王璽をせしめようとした。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
十六年、に至りたもう。十七年始めて仏書をたもう。十八年蛾眉に登り、十九年に入り、海南諸勝に遊び、十一月還りたもう。阿魯台反す。二十年永楽帝、阿魯台を親征す。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)