“蕃人”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばんじん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕃人”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会 > 社会学3.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
たとえに引くのは不倫であるかも知らぬが、今日台湾の総督府が東部の蕃人ばんじんに対して採っている策も、ほぼこの範囲を出ないのである。
家の話 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
富士男、ゴルドン、ドノバンの三人は、もしも猛獣もうじゅう蕃人ばんじんなどが襲来しゅうらいしはせぬかと、かわるがわる甲板に、見張りをすることにきめた。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)