“吐蕃人”の読み方と例文
読み方割合
とばんじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私娼、傀儡師、金剛砂売り、ふたなり、侏儒吐蕃人、——そういう人々の群れであって、先頭に立って歩いているのは、鬼火の姥と範覚とであった。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それに続いて踊り出したのは、韃靼服を着た吐蕃人で、わからない西域の蛮音で、吐蕃歌をうたって踊り出した。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)