“賞翫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうがん94.6%
しゃうくわん1.8%
しやうくわん1.8%
しやうぐわん1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
○立ち廻りとか、だんまりとか号するものは、前後の筋に関係なき、独立したる体操、もしくは滑稽踊として賞翫されているらしい。
おゝ、屋敷うたれど、おのが住居にはまだならぬ、ったれど、まだ賞翫はしてへぬ。
国民自身にして其の「我」にび、一種の実情をんで之れに対すれば知らず、苟も美術として之れを賞翫するにあたり、其の美処を描きたると醜処を描きたるとを問ふの必要あるか。
国民性と文学 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)