“こんじき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コンジキ
語句割合
金色98.6%
黄金色0.9%
黄色0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金色に光る般若のひとみは、あらゆる魑魅魍魎をにらみすえて、青い星光と冷ややかな風とのなかを、静かに、道を拾って行きます。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なさいだ、初日出だ』と老人ひつゝ海原めてるので、若者られてめました、眞紅黄金色んだ一團球しも天際躍出でて
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
として、ただ霧のみであった海面にも、チカッと、黄色の光がねた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)