“こんじき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コンジキ
語句割合
金色98.4%
黄金色1.0%
黄色0.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今は、照りかがやいていた天上も、落日の時と覚しく、山と、空との間をいろどるところのものは、金色こんじきであります。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「いつになったら金色こんじきうおがかかるのだろう。」と、口々くちぐちにあくびをしながらいっていたのであります。
金の魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)
東雲しのゝめ横雲よこぐも黄金色こんじきそまり、おきなる島山しまやまいたゞき紫嵐しらんつゝまれ
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
緞子どんす縮緬ちりめんあやにしき牡丹ぼたん芍薬しゃくやく、菊の花、黄金色こんじきすみれ銀覆輪ぎんぷくりんの、月草、露草。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
——が、いつとはなく、それが水と空と、雲とにわかれて見えて来た。びょうとして、ただ霧のみであった海面にも、チカッと、黄色こんじきの光がねた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)