“天際”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てんさい83.3%
あまぎは16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前夜薄雲隙間から日影てはるものゝ梅雨はれず、天際雨雲なつてた。汽車御丁寧各驛つてゆく。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
バチルスを発見すると否とはさまで吾人の人生に関与する所なしとども、要するに、問題と秘密とは、図書館の中にあらず、浩蕩天際に存せずして
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
はや暮れて行く天際
藤村詩抄:島崎藤村自選 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
天際遠く白き日の
藤村詩抄:島崎藤村自選 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)