“天際”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんさい80.0%
あまぎは20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天際”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
紫玉のみはつたには、たしか天際てんさい僻辺へきへんに、美女のに似た、白山はくさんは、白く清く映つたのである。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
若者わかものつれられておきながめました、眞紅しんくそこ黄金色こんじきふくんだ一團球いちだんきういましもなかば天際てんさい躍出をどりいでて
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
はや暮れて行く天際あまぎは
藤村詩抄:島崎藤村自選 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
天際あまぎは遠く白き日の
藤村詩抄:島崎藤村自選 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)