老獣医ろうじゅうい
糟谷獣医は、去年の暮れ押しつまってから、この外手町へ越してきた。入り口は黒板べいの一部を切りあけ、形ばかりという門がまえだ。引きちがいに立てた格子戸二枚は、新しいけれど、いかにも、できの安物らしく立てつけがはなはだ悪い。むかって右手の門柱に …
作品に特徴的な語句
門外もんがい じょ ごん 良家りょうけ かん おも 葉巻はま しゅ しょく 周囲しゅうい 上京じょうきょう もく 黒板くろいた 退校たいこう 翌朝よくちょう くう 知人ちじん 眼前がんぜん しん あい じょう 独身どくしん 業務ぎょうむ 昨夜さくや とら 成立せいりつ 情合じょうあ 心持こころも 当場とうじょう 富豪ふごう さだ うしな おっと 夜遊よあそ 前掛まえか 出会であ けん がわ 上旬じょうじゅん 中流ちゅうりゅう 不快ふかい 住宅じゅうたく 職務しょくむ 技手ぎしゅ 富農ふのう 以前いぜん 話題わだい かた しゅ さっ ごと いえ たい じつ 親類しんるい 推移すいい 跡取あとと した 転倒てんとう かる よめ 教育きょういく 以上いじょう 中間ちゅうかん 希望きぼう きゅう ばこ 書類しょるい のぞ うん どう 外手そとで そと 落胆らくたん えき ごえ ざい 酒好さけず じょう あら 回想かいそう 気受きう 心得こころえ たよ 面持おもも 顔色かおいろ