“回想”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くわいさう35.7%
かいそう21.4%
おもひで7.1%
おもいだ7.1%
おもいで7.1%
かんがへ7.1%
くわいそう7.1%
リメイン7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたくしこの一言いちごんで、たちまち子ープルスの親友しんゆうや、春枝夫人はるえふじんこと回想くわいさうした。
一々でもりたいほどに氣遣きづかはれる母心はゝごゝろが、いまはしい汚點しみ回想くわいさうによつて
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
回想くわいさう聯想れんさう面白おもしろい。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
地主じぬしは、それにさそわれて、自分じぶん子供こども時分じぶん回想かいそうしました。
子供は悲しみを知らず (新字新仮名) / 小川未明(著)
結婚当時けっこんとうじからのことをいろいろ回想かいそうしてみると、つまたいしての気のどくな心持こころもち、しゅうとしゅうとめに対して面目めんぼくない心持ち、いちいち自分をくるしめるのである。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
氏は新政府に出身してただに口をのりするのみならず、累遷るいせん立身りっしんして特派公使に任ぜられ、またついに大臣にまで昇進し、青雲せいうんこころざしたっし得て目出度めでたしといえども、かえりみて往事おうじ回想かいそうするときは情にえざるものなきを得ず。
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
広野、湯の丸、籠の塔、または三峯さんぽう、浅間の山々、其他ところ/″\に散布する村落、松林——一つとして回想おもひでの種と成らないものはない。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
単調子なかね、太鼓、鐃鈸ねうはちの音、回想おもひでの多い耳には其も悲哀な音楽と聞え、器械的な回向と読経との声、悲嘆なげきのある胸には其もあはれの深い挽歌ばんかのやうに響いた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
其時は最早あの可傷いたましい回想おもひでの断片といふ感想かんじも起らなかつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
然し気質きだては優しい方だし」と思いつづけて来てハタとお徳の今日昼間の皮肉を回想おもいだして「水の世話にさえならなきゃ如彼あんな奴に口なんかかしや仕ないんだけど、房州の田舎者奴いなかものめ
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
熱い空気に蒸される林檎の可憐らしい花、その周囲を飛ぶ蜜蜂の楽しい羽音、すべて、見るもの聞くものは回想おもいでのなかだちであったのである。
朝飯 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
いまになつて回想かんがへると、三ねん月日つきひもさて/\はやいものだ。
ようするに、寫眞しやしんの本れうは、興味けうみはさういふ意味いみ記録きろくを、いひかへれば、過去くわこ再現さいげんして、おもひ出のたのしさや回想くわいそうの懷かしさをあたへるところにある。
由来人類史は「背に腹は換へられぬ」歴史で、取残された「消費」を回想リメインさせるのは芸術である。
芸術論覚え書 (新字旧仮名) / 中原中也(著)