“結婚当時”の読み方と例文
読み方割合
けっこんとうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
結婚当時からのことをいろいろ回想してみると、しての気のどくな心持ち、しゅうとしゅうとめに対して面目ない心持ち、いちいち自分をくるしめるのである。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)