“結婚生活”の読み方と例文
読み方割合
けつこんせいくわつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
従兄妹し合つて、青木さんの境遇にすれば多少早過ぎもしたのであつたが、ひつめた若々しい熱情のまゝにつて結婚生活にはいつた二人は、まる三年たそのになつて
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)