ゆめ
五月のある晴れた土曜日の夕方のいい、明るい顏付で勤め先から帰つて※たM会社員の青木さんは、山の手のある靜かな裏通りにある我家の門口をはひると、今まで胸に包んでゐたうれしさを一時に吐き出すやうにはしやい …
作品に特徴的な語句
余裕よゆう 片手かたて 身體からだ おく 途切とぎ 見込みこ だん 意識いしき 電燈でんとう 度重たびかさ 融通ゆうづう せい 何等なんとう 道具だうぐ 郊外かうぐわい 玄関げんくわん たく 視線しせん 背広せびろ 質屋しちや 我家わがや 見返みかへ 何物なにもの 非常ひじやう 神様かみさま 台所だいどころ 居間ゐま 身柄みがら 間数まかず 見張みは 間遠まとほ しづか 振返ふるかへ 地主ぢぬし 書斎しよさい 笑顏えがほ 信頼しんらい 相方さうはう 実際じつさい 境遇きやうぐう 興奮こうふん 地道ぢみち 見交みかは たけ 多少たせう 眞顏まがほ 道具屋だうぐや ふく せつ あた 期待きたい 横顏プロフイイル 結局けつきよく 学生がくせい 容姿ようし 僕達ぼくたち 発狂はつきやう 給料きふれう 遺産ゐさん 善良ぜんりやう 表情へうじやう 仲買なかがひ がう 沈默ちんもく 野菜物やさいもの 食堂しよくだう 相当さうたう 貸家かしや 誘惑いうわく 悲運ひうん 手離てはな 現実げんじつ 性格せいかく 裏通うらとほ 良家りやうか 発行はつかう 総計そうけい 最高さいかう 福運ふくうん えう 熱情ねつじやう なか 世間的せけんてきな 世間眼せけんがん 会社員くわいしやゐん まゝ 修学しうがく 最低さいてい
題名が同じ作品
(新字新仮名)豊島与志雄 (著)
(新字新仮名)和辻哲郎 (著)
(新字新仮名)寺田寅彦 (著)
(新字新仮名)芥川竜之介 (著)
(新字新仮名)正岡子規 (著)
(新字旧仮名)相馬泰三 (著)
(新字旧仮名)森鴎外 (著)
(新字旧仮名)原民喜 (著)
(新字旧仮名)芥川竜之介 (著)
(旧字旧仮名)ライネル・マリア・リルケ (著)
(旧字旧仮名)吉江孤雁 吉江喬松 (著)
(旧字旧仮名)萩原朔太郎 (著)
(旧字旧仮名)桜間中庸 (著)