くい
ある地方の郡立病院に、長年看護婦長をつとめて居るもとめは、今日一日の時間からはなたれると、急に心も體も弛んでしまつたやうな氣持ちで、暮れて行く廊下を靜かに歩いてゐた。 『おや、降つてるのかしら。』 彼女は初めて氣がついたやうに窓の外を見て呟 …
作品に特徴的な語句
いたで 彼女かのじよ しやう くゐ 微笑ほゝゑみ 暴露あばい 可憐いぢら やすら たへ 一時いつとき をご うへ やはら はゝ 彼女かのぢよ 心持こゝろも 永久えいきう をつと 愛情あいぢやう まへ 先方せんぱう げつ ごく ひゞき 音信おとづれ おごそ あひだ うは すご とほ とほ 洪水おほみづ うつゝ 住居すまゐ きふ 調とゝの おほ 傷所きずしよ をんな かへつ あは みづか あるひ たましひ 地方ちはう ゆが 母親はゝおや 夕飯ゆふめし わら あぢ うるほ 生活せいくわつ 甲斐かひ がた うしな あら めう 純潔じゆんけつ なかだ はじ 結極けつきよく ぶん つゞ せは たくは いそ なに まづ おこ あは 恐怖きようふ 今日けふ 忠實ちうじつ こゝろ きず ゆる わづ 過去くわこ こゝろ 復活ふくくわつ 不幸ふかう あはれ ほゝ あが 成長せいちやう つよ いま いか 一寸ちよつと のち にち