“驕”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おご90.4%
おごり2.2%
たかぶ2.2%
たか1.5%
オゴリテ1.5%
をご0.7%
あい0.7%
きょう0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
らせるためにあるのだ。殿軍の大兵は、みな後ろの山谷に伏兵として潜めてある。——足下もここにいては、呂布ありと敵が大事を
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……そんな不逞もひそんでいたし、いまとなれば恥かしい慢心だが、家の家計を負っているのは自分だという生意気なもあった。
紋付を着るの記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その父や兄にふさわしく、派手好きで、った、あの娘の姿は、思いだそうとしても、もうまったく眼にはうかんでこなかった。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
こんなに高い栄誉の位置に一度は登ったこともある。従二位勲一等伯爵という、顕爵さえも授けられた。とはいえ天性洒落の彼は誇りもぶりもしなかった。
開運の鼓 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ぐっと甘酒を呑みほしてから、だしぬけに碾茶の茶碗を私の方へのべてよこした。「この茶碗に書いてある文字、——白馬不行。よせばいいのに。てれくさくてかなわん。 ...
ダス・ゲマイネ (新字新仮名) / 太宰治(著)
彼女りと得意えて、ある不快のために苦々しく痙攣してゐる。彼女つてく。
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
されて、だれの
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
下民を苦しめ諸役人をみな誅伐いたし、ひき続いてに長じ居候市中金持の町人どもを誅戮に及び申すべく、とか。
花も刀も (新字新仮名) / 山本周五郎(著)