“おご”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オゴ
語句割合
51.0%
30.1%
11.7%
1.5%
1.2%
1.2%
0.5%
0.5%
散財0.5%
0.2%
0.2%
0.2%
尾籠0.2%
石炭奢0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつの間にやらだんだん口がって来て、三度の食事の度毎に「何がたべたい」「がたべたい」と、に似合わぬ贅沢を云います。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
車麩のあるのをつけて、おかみさんと馴染だから、家内んで、かゞり無理つてつたので——少々おかゝをつてた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ったことをもうすようですが、こいつの口は、あげな棒っ切れのようなものを食べるようには、できておらんのでござります」
キャラコさん:10 馬と老人 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
それだけに、そかな天の荒ら息吹を真向にうけるのだから、弱虫やなまけ者、卑劣漢や臆病ばらには、とうてい辛抱しきれるものではあるまい。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
我はそのやさしき假面の背後に、人にる貴人の色あるを見て、友の無情なるを恨むのみにて、かの猶太廓の戀のなりゆきを問ふにあらざりき。
空は完全に晴れ上がって、太陽の輝きには夏の最後のりがあった。谷を吹き上げる南風がトリカブトの群落をなでて、水ぎわをはるかに離れた身体には汗が感じられる。
二つの松川 (新字新仮名) / 細井吉造(著)
その職業にたいする特殊の能力なしに、ただ父の業を受け継いだのだった。それ以来万事が好都合にいったので、自分が生来賢明なからだとっていた。
九月、たま/\天文の変ありて、を下し直言を求められにければ、山西葉居升というもの、上書して第一には分封のれること、第二には刑を用いるきこと
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
アハハハそれも道理じゃ、今に来たらばよく見てくれ、まあ恐らくここらに類はなかろう、というものだ。おや恐ろしい、何を散財って下さります、そして親方、というものは御師匠さまですか。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
宮はやうやうを向けて、さてに起ちて、く礼するを、唯継は世にも嬉しげなる目して受けながら、なほ飽くまでもるを忘れざりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
唯継は例のりて天をむやうに打仰ぎて、杖の獅子頭撫廻しつつ、少時思案するなりしが、やをら白羽二重のハンカチイフを取出して、片手に一揮るよと見ればへり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「ほだなあ、いだ頃から見れば、坪あだり五厘ずつあがったがら、七十五銭ぐらいにはなんのさな。天気がよくて、唐鍬せえ持って出れば、十六七坪はすから。」
土竜 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
「十六七坪もすの、なかなか骨だべちゃ?」
土竜 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
としてそかに立てる影かな。
カンタタ (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)
現にこの狩集村は、今も阿蘇郡古城村大字手野字尾籠小字となって存在する。人の集合する所をということは普通の例である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
季節はいつでもよいが、夏など口の不味い時に、これを饗応すれば、たいていの口のった人でも文句はいわないだろう。
車蝦の茶漬け (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
派手なもの、渋いもの、れるもの、貧しいもの、飾るもの、用いるもの、等しく焼物とはいうが美においては右と左とに別れる。見る眼により心の置場により選ぶ美の道は異なる。
北九州の窯 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)