痴人の愛ちじんのあい
私はこれから、あまり世間に類例がないだろうと思われる私達夫婦の間柄に就いて、出来るだけ正直に、ざっくばらんに、有りのままの事実を書いて見ようと思います。それは私自身に取って忘れがたない貴い記録であると同時に、恐らくは読者諸君に取っても、きっ …
作品に特徴的な語句
しお づら かに かな あやまち かぐ ちり おお ねん かぶり 其方そちら くわ がわ しぼ かえ おく めえ おろそ ぱぎ うら はず とも 其方そっち とど やつ あや むろ うら やさ こう におい あが 彼方あっち あるい 手拭てぬぐ 彼処あそこ 両股りょうもも 燈火とうか 先達せんだって せん 灯先ほさき つい かご 湿うる あた ゆだ あぜ 喧嘩げんか あやま やっこ きわ 大凡おおよ まばゆ にぎわ 此方こっち しっ くすぶ とお 唾液だえき ねぶ ふなべり しん おもむろ かつ ゆだ またが 堪忍かに ただ 差支さしつか 見惚みほ 孰方どっち 耳朶じだ 威嚇おど うご たえ はじ めぐ ろう 布団ぶとん