“がう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
44.6%
12.3%
10.8%
9.2%
6.2%
4.6%
3.1%
1.5%
1.5%
1.5%
1.5%
1.5%
1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼が生立の状況洋行の源因就学の有様を描きたりとて本篇に幾干の光彩を増すや、本篇に幾干の関係あるや、予はも之が必要を見ざるなり。
舞姫 (新字旧仮名) / 石橋忍月(著)
着たるは一往々ある事加之女が死骸も他人にて白妙に相違なし然らば惣内里では有まじサア有體に白状致せ左右強情を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
我楽多文庫第五期る、表画穂庵翁の筆で文昌星でした、廃刊した号を追つて、二十二出して
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
武王(二六)木主せ、して文王し、のかた(二七)つ。伯夷叔齊(二八)へてめて
出立ひ居たり此三人の中頭立たる一人は甲州にて名高き惡漢韮崎出生の雲切仁左衞門といふ者なり若年より心にして眞影流劔術
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
はずあツといつて失望した轟々といふ
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
にして、小夜るく、切株かなる青苔して、えて、背戸にさら/\とものの歩行氣勢するをもれねど、みし朽木ゆる
森の紫陽花 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
小生は、単に過去の事蹟の記録統計たるに留まらば、歴史てふ興味ある問題も人生に対しても存在の意義を有せざる者なる事に就きて、深沈なる同君の考慮を煩はしたく存候。
渋民村より (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
然らずして、に聞見をるのみならば、則ち或はじ非をらんことを恐る。謂はゆるに兵をし、するなり、る可し。
と云ふ響をこだまにかへして、稀に汽車が向山を通つて行く。寂しい。晝飯に川魚をと注文したら、石狩川を前に置いて、罐詰のの卵とぢなど食はした。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
向けてに押しむ鉄兜眼には堪ふるか待つある時を
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
その又汁も淡薄であるから、して膏とすることは出来ない。
鴉片 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
わたくしは此詩句を取つて、の如くに解する。霞亭の学術は前年癸亥に成つた。歳晩の舟遊は、その新に卒業してなる時に於てせられた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)