“つえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
93.2%
4.2%
0.4%
0.4%
津江0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若君のお刀は伝家の宝刀、ひとの手にふれさせていいではありませぬ。また、拙者護仏法杖のなかは三尊弥陀です。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おえねえ頓痴奇だ、坊主りの田舎漢の癖に相場天賽も気がえ、あれでもやっぱり取られるつもりじゃあねえ可笑い。ハハハ、いいざらしだ。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
灰が眼に這入って、是アおいないと騒ぐ所へ按摩取が一人で二人の泥坊を押えて、到頭町の奉行所へ突出したと云うのだが、何とい按摩取じゃアないか、是でお旦那も助かり、忰も助かったゞ
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
麻多智大いに怒りのを起し云々、せ逐いてすなわち山口に至り、(杭)を標して堺の堀に置き夜刀神に告げていわく、これより以上は神の地たることを
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
愛知県ではクエはまったくなく、ガケは折々ありまたトエという地名が大分ある。西国の津江と同じ語がここまで来ているので、これから東へ行くと聴くことが少ないようである。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
世人がもしもこの如き花を賞せんとならば、天霽れし日、須らく湘南国府津西方の一駅、下曾我に下車しを曳いて徐ろに圃間を逍遥すべきダ。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
と、その時案内の車夫は、橋の欄干から川上の方をさして、旅客のをとどめさせる。かつて私の母も橋の中央にを止めて、頑是ない私をの上にきながら
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
中原、また鹿をうて、筆を投げすてて戎軒を事とす。縦横のらざれども、慷慨の志はお存せり。いて天子にし、馬を駆って関門をず。
(新字新仮名) / 富田常雄(著)