“ごう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ゴウ
語句割合
32.8%
32.7%
10.6%
5.4%
3.7%
2.6%
2.2%
1.9%
1.5%
1.5%
1.5%
1.1%
0.6%
0.4%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼らも喧嘩をするだろう。煩悶するだろう。泣くだろう。その平生を見ればも凡衆と異なるところなくふるまっているかも知れぬ。
写生文 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
丑満過ぐる夜の夢。見よや因果のめぐり来る。火車にを積むるしめて眼の前の。地獄もまことなり。げに恐ろしの姿や」
涙香・ポー・それから (新字新仮名) / 夢野久作(著)
に入れば郷に従うのが最も滞りがなくてよいかも知れぬ。しかし果して彼らはいつまでも今のパン屋で暮らしてゆけるものか。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
砂原にはライオン歯磨の大きな立看板があり、鉄橋の方を時々、汽車がと通って行った。夢のように平和な景色があったものだ。
夏の花 (新字新仮名) / 原民喜(著)
二、三、はげしくわたりあうと、水色機が三機、ひゅーんとかなしげな悲鳴をあげて、きりきりまいながら、もえ落ちて来た。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
山の横腹に掘りかけて、凹字形が六七分できた頃に打ちすてられたの一番奥のところ。土と岩の入れまじった黒い壁と床。
胎内 (新字新仮名) / 三好十郎(著)
しかしそこはを経た化鳥、地へ落ちて死骸を曝らそうとはしない。さも苦しそうに喘ぎ喘ぎ地上十間の低い宙を河原の方へ翔けて行く。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
何しろ相手が内野君というの者ですからね。あなたにもいろいろ分からない事があるでしょう。だからあなただけにそっと知らせてあげますよ。
ニッケルの文鎮 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
此洋服着て、味噌漉持って、村の豆腐屋に五厘のおからを買いに往った時は、流石の者も髯と眼鏡と洋服に対していさゝかきまりが悪かった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
誰某が何を欲しいと云うから、ちょっと拝見とか、何々氏がこう云う物を希望だから、見せましょうとかして、品物を持って行ったぎり、返して来ない。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「そうじて泣く子と地頭にゃ勝たれんわな。水戸の烈公さんなんて、あれでなかなかでいらっしゃったるそうな」
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
軒先をめぐって火のがのたうち廻ると見るひまに、と音をたててが五六間ばかりも一ときに吹き上げられ、御殿の中からは猛火の大柱が横ざまに吐き出されます。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
監獄の鉄門ごしに弾薬が光ってる警護兵の陰鬱な顔の上にいたるところに書かれてるその宿命的な考えをよくも見ないうちに、すでに一つの声が私の耳にくような気がする、「死刑囚!」と。
死刑囚最後の日 (新字新仮名) / ヴィクトル・ユゴー(著)
なんとなく然と見渡しているような、豪胆な、またはあらあらしいおもむきをさえそなえていた。
[自注10]お——顕治の故郷の地方では、おくさん、おかみさんをおはんとよぶ。
それならわたしは、畢竟党から撰ばれて、若手検事の腕利きといふ この青年を対に、社会一般教育のため、こゝへ来たとも云ひ得やう。
疑獄元兇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
羿は弓の名手であり。は大船をゆり動かすほどの大力でありましたが、いずれも非業の最期をとげました。しかるに、とは自ら耕作に従事して、ついに天子の位にのぼりました。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
高い天井のいっぽうのすみに、ポッカリと、四角な黒い穴があいているではありませんか。そこの天井板が一枚、いつのまにかはがされていたのです。
妖怪博士 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
友人が其の故を問うと、久作曰く、「我れ且て州に遊んで常に遠藤と親しむ、故によくその容貌を知っている。遠藤戦いある毎に、必ず殿を志す、故に我必ず彼を討ち取るべし」
姉川合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
と鳴って新しい火の手が上ると、魔が知らすような激しい人声。わッといてこの町もくなったが、片側の二階からドシドシ投出す、衣類、調度。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
うしろには大山がそびえ、その麓をめぐる三十余里の官渡の流れは、自然のをなしている。曹操は、その水流一帯に、逆茂木を張りめぐらし、大山の嶮に拠って固く守りを改めていた。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いわゆる諾威方舟を造り、その族人および禽獣の属おのおの一を乗せて洪水をしというがごときこれなり。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
無論、そんなことで筆頭などゝめられても、格別しくもないが、そも/\寫眞めたのは、十一二の時分のことで、年にすれば、明治三十五六年