夏の花なつのはな
わが愛する者よ請う急ぎはしれ 香わしき山々の上にありて獐の ごとく小鹿のごとくあれ 私は街に出て花を買うと、妻の墓を訪れようと思った。ポケットには仏壇からとり出した線香が一束あった。八月十五日は妻にとって初盆にあたるのだが、それまでこのふる …
作品に特徴的な語句
かぐ 噴出ふきで ふさ くすぶ かか おのれ みぞ つか うるお 退 ごう もろ たず 日焦ひやけ 目抜めぬき はさ ひろが 禿はげ はじ おび うなず 黒焦くろこげ さかのぼ ようや ただよ 濛々もうもう 瀕死ひんし 灌木かんぼく そそ 火傷やけど 火照ほて はげ ほのお あお さか 燦々さんさん 燻製くんせい ただ 爪跡つめあと 物凄ものすご のろ 玉葱たまねぎ おい 由緒ゆいしょ 痙攣けいれん しわ ねむ 石崖いしがけ 砂塵さじん 稍々やや 空地あきち 穿 くぼ 立退たちの 竜巻たつまき いかだ むしろ メートル から ふけ しきい 足掻あが 足許あしもと みち うずくま ほとばし 這入はい つい さえぎ とざ しず 長押なげし 閃光せんこう しき 上衣うわぎ 饒津にぎつ 顛覆てんぷく 顛動てんどう 雑嚢ざつのう 闖入ちんにゅう したが 隙間すきま もら
題名が同じ作品
夏の花 (新字旧仮名)原民喜 (著)