“筏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いかだ99.2%
イカダ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
隣の棟に居て氏のノドボトケのえるのを感じる。太いが、バスだが、尖鋭な神経線を束ねてにしそれをぶん流す河のような声だ。
鶴は病みき (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
(左様だ、今頃は弥六親仁がいつものを流して来て、あの、船のいで通りすがりに、父上に声をかけてくれる時分だ、)
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
スベテノシク、スベテノデアル。所詮ンヅホツレツデアル、ヨロメキ、ヨロメキ、モ、モ、ソレカラ、マタ、林氏シク一様サレテルヨウダ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)