三尺角さんじゃくかく
「…………」 山には木樵唄、水には船唄、駅路には馬子の唄、渠等はこれを以て心を慰め、労を休め、我が身を忘れて屈託なくその業に服するので、恰も時計が動く毎にセコンドが鳴るようなものであろう。またそれがために勢を増し、力を得ることは、戦に鯨波を …
作品に特徴的な語句
わかい おの しばだた 真向まむこ ぎり したご このみ きっ すずし くろ 筋違すじっかい 父親ちゃん きまり ひく うしろ うさ 見透みとおし いで 種々いろん さが そん かえ 間近まぢこ さかしま 独言つぶやき おれ たたかい なり かか ちいさ 歩行あるい むこ とおり 洪水でみず ろう さびし 随意まにまに うねり 三個さんこ じょう 父上ちゃん あが わざ ことば ぎょう そら むら はず ちょう しょ あかる むき さみし くら がち 見透みす 奥深おくぶこ 小波ささなみ くず ぬり 此方こっち あが 歩行あるく つち わか 一陣いちじん かたま えみ ほとんど がみ 爺々ちゃん さか 行懸ゆきか あわれ 矢張やっぱり 父上おとっさん はり 遠方おちかた なり ただ うしろ なん ゆわ はん さん あやつ うすづ 銀杏ぎんなん 頬冠ほおかむり うずま
題名が同じ作品
三尺角 (旧字旧仮名)泉鏡花 (著)