鶴は病みきつるはやみき
白梅の咲く頃となると、葉子はどうも麻川荘之介氏を想い出していけない。いけないというのは嫌という意味ではない。むしろ懐しまれるものを当面に見られなくなった愛惜のこころが催されてこまるという意味である。わが国大正期の文壇に輝いた文学者麻川荘之介 …
作品に特徴的な語句
きっ うずくろ しず おっしゃ みじめ ごく 穿 はず 経緯けいい がえ 気配けは 吃驚びっく 一廻ひとまわ 饒舌じょうぜつ はか まさ 先達せんだっ あく すべ 頓着とんちゃく 創痍きず 隻脚せっきゃく 口吻こうふん ヶ谷やつ さま 蹲居そんきょ かつ 言伝ことづ 見惚みほ こす さき たくみ ぬぐ はれ 葛藤かっとう 煩悩ぼんのう つめ ずる 独言ひとりごと 狼狽ろうばい 瓢逸ひょういつ 痩躯そうく 白粉おしろい しわ たらい 相槌あいづち 眉毛まゆげ 真似まね まぶ 睥睨へいげい だま 瞠目どうもく まぶた 知悉ちしつ こわ 禿 まれ はず いかだ こも 精悍せいかん 紙挟かみばさ 縮緬ちりめん ののし 羈絆きはん 羊羹ようかん 美貌びぼう 聡明そうめい 聯想れんそう 聯絡れんらく くま 蹌踉そうろう くら つら 辿たど 逸早いちはや 邂逅かいこう 釈迦しゃか おも 鋭犀えいさい 長谷はせ 間隙かんげき 驚愕きょうがく