胎内たいない
暗い。 右手の奥のほうに一ヵ所かすかに明るいところがある。 遠くでかみなりが鳴っている。雨もふっているらしい。それらの音が、ここにこもって、低い反響をおこしているながいことたってから、かすかに明るいへんの、さらに奥のあたりで人のケハイと足音 …
作品に特徴的な語句
いく くう ごえ ごう だれ 後山あとやま 嘲笑ちょうしょう べに 軍靴グンカ くん 理窟りくつ ひざ 背負しょ ひじ はだ つめ 牢屋ろうや ひも はなは 痴呆ちほう なが あか にら 穿 瞳孔どうこう かせ 乞食こじき 静謐せいひつ すみ たたか やみ 錯誤さくご くぎ 部屋へや 軽蔑けいべつ ころ 身体からだ そで おお 妄想もうそう やつ 四隅よすみ あえ うな くちびる 哄笑こうしょう 嫉妬しっと たた 半端はんぱ にお 刺戟しげき 凹字おうじ 先山さきやま おれ 仕度したく 今頃いまごろ 憎悪ぞうお 淫乱いんらん 洞窟どうくつ 気押けお 比喩ひゆ 昂奮こうふん ささ つか あわ 恢復かいふく かす 彼奴あいつ 帳尻ちょうじり がけ 尻切しりき しり 嫌悪けんお きら