“比喩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひゆ76.2%
たとえ15.5%
たとへ6.0%
たと1.2%
アレゴリイ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は、何一つ取柄のない男であるが、文学だけは、好きである。三度の飯よりも、というのは、私にとって、あながち比喩ではない。
春の盗賊 (新字新仮名) / 太宰治(著)
生残た妻子の愁傷は実に比喩を取るに言葉もなくばかり、「嗟矣幾程歎いても仕方がない」トいう口の下からツイに置くはの露
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ちて野中の古井に落ちたる人の、沈みも果てず、りも得為ず、命の綱とくも取縋りたる草の根を、りてむにふと云へる比喩最能く似たり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それをちょっと比喩えてみるなれば、柔い黄色の羽根がやっと生えそろったばかりのカナリヤの雛仔を、ソッとのうちに握ったような気持、とでも云ったなら
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この比喩は少々幼稚に堕して滑稽ですが、何んな追手がさし向けられたところで到底つかまるものではなからうし、よしや一度は引き戻されたとしても
女優 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)