“ひゆ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
比喩51.5%
譬喩47.0%
1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この比喩——ことに『糸瓜』ということばが、なんということもなしに、一目見るなり、アリョーシャの心にちらついて、彼はこれを
良斎先生はその二つの譬喩をお疑いになるのではなく、ただ麻が縄となるその外縁がわからぬようにおっしゃるのでございましょう。
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
の花、男なんぞは物ともしない女の帽子の羽根、口元も腰元もけるやうだ、おまへの蜜の湖に若い男が溺れ死ぬ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)