教門論疑問きょうもんろんぎもん
余このごろ西先生の教門論を読に、その文真切、その義奥妙、反復数回発明するところ少々ならず。しかして窃おもう、その立論の旨おおいに古説と同じからざるあるをもって、看者胸中の先入を一洗するにあらずんば、おそらくはその真意の向うところを認めざらん …
作品に特徴的な語句
くらう きわまり おこなわ がたき たえ しから たつ ひそかに うまれ となう まん すう いわく こぞり あらわ さかしま おこない きわま しる てい おもん やぶ あた きく つつし かんがみ いましむ 草鞋そうあい きき ごう およん よろし すくう おさむ たら 諾威ノア よむ たつ なか そし しょう せき きょう あたり せい かたじけなく こうむ そなえ いたる おさま 凍結とうけつ おなじ あや すつ ととの むべ ほふり くだき 一途いっと はじめ ちん おとしい さけ かろん せむ しき 角立かくりつ けん きか たて しり かえりみ もく ただ ほっ ゆら かい あやし すぐ せん いつ おのれ つき こん 如何いかん そと ひさし てつ あらかじ 流竄るざん ただ おそ 貪心どんしん そしり