渋民村よりしぶたみむらより
杜陵を北へ僅かに五里のこの里、人は一日の間に往復致し候へど、春の歩みは年々一週が程を要し候。御地は早や南の枝に大和心綻ろび初め候ふの由、満城桜雲の日も近かるべくと羨やみ上げ候。こゝは梅桜の蕾未だ我瞳よりも小さく候へど、さすがに春風の小車道を …
作品に特徴的な語句
ふう とこしな ふん しり いささか ひら いへ 嗟嘆ああ ひそ うた だけ 岩角がんかく いたづ かく のび いは ほこ えつ 倨傲きよがう すべ かへ 可申まうすべく 叱咤しつた 向後かうご かつ 嘱目しよくもく 多寡たくわ 小車をぐるま もつと 山谷さんこく 希臘ギリシヤ 干戈かんくわ 悵然ちやうぜん 所以ゆゑん 所謂いはゆる にな 杜陵とりやう 歌声かせい ほと がう 汚塵をぢん 環視くわんし かぶと 画幀ぐわてい 瞠若だうじやく 繙読ほんどく 翠色すゐしよく 臥薪ぐわしん けだ ばか いま 諸有あらゆる 酒樽しゆそん 䗹々じじ 一期いちご 万邦ばんはう すなは また がう 伯林ベルリン 凱歌がいか 吾人ごじん 告勅こくちよく 嗚呼ああ それ よろ むし まさ 巴里パリ 弥益いやます おも 抑々そもそも 挺身ていしん 搾出さくしゆつ なげう 旁々かたがた 旗鼓きこ さら 有之これあり いま 朱綬しゆじゆ 柳松りうしよう 桜雲あううん 梅桜ばいあう 濛々もうもう 無之これなく しか 燎然れうぜん 独逸ドイツ はなは 督励とくれい 管々くだくだ 緑玉エメラルド