“山西”の読み方と例文
読み方割合
さんせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、南下の野望がさかんで、つねに辺疆しては、山東山西をおびやかし、河南、河北をめ、またあらゆる手段の下に、いつかは物資文化の花ゆたかな宋へ攻め入って
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
九月、たま/\天文の変ありて、を下し直言を求められにければ、山西葉居升というもの、上書して第一には分封のれること、第二には刑を用いるきこと
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
この統一の事業をうけついだ漢もまた異民族との混淆の著しい山西より起こった。すなわちここで黄河流域の民族は一新したのである。そうしてその社会構造をも全然新しく作り変えたのである。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)