“車麩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くるまぶ75.0%
くるばぶ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
車麩のあるのをつけて、おかみさんと馴染だから、家内んで、かゞり無理つてつたので——少々おかゝをつてた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
現代——ある意味において——めぐる因果の小車などという事は、天井裏の車麩を鼠が伝うぐらいなものであろう。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が、それが時雨でも誘いそうに、薄暗い店の天井は、輪にかがって、棒にして、揃えて掛けた、車麩で一杯であった。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)