“生麩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なまぶ62.5%
なまふ25.0%
しやうふ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
材料はお定まりの湯婆と豆腐と生麩、あとは野菜、ところが魚鳥も及ばぬ美味珍味、山人ことごとく悦に入り、持前の健啖振りに、いくらでも持ってこいという勢い
明治世相百話 (新字新仮名) / 山本笑月(著)
天日して乾かしてから生麩の粉などを入れてな、それで団子を作って食ったものもあったぞ、それから松の枝を剥いでのようにして食い出した者もあったぞ。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そのつぐは生麩わらび粉、そくいひつのまたいせのりもあれどえつがずや、にべにかはこそ付けばとれぬもの、その膠は犢の牛の、寸涎のこりてなるちふ、まことしかなりや
長塚節歌集:1 上 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)