“車輪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しやりん37.5%
くるま21.9%
しゃりん21.9%
タイヤ6.3%
こま3.1%
3.1%
わっぱ3.1%
ラ・ルウ3.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
流行といへば、して婦人見得憧憬にする……となれば、金銀く。ぶものの、三年凝視にはきさ車輪である。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それは旅行馬車でもなければ軽馬車でもなく、そうかといって半蓋馬車にも似ていないで、寧ろ上出来の西瓜に車輪を取りつけたような恰好をしていた。
自転車屋に、古自転車が、幾台べられてありました。タイヤはれて、車輪がさびていました。一つ、一つに値段がついていました。
とびよ鳴け (新字新仮名) / 小川未明(著)
従って、それ程頻繁に自動車の通る途ではないから、其処の路上に、残雪に濡れて確然と印された新しい車輪の跡を発見することは、比較的容易な仕事だった。
双面獣 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
宗近君の車が、小野さんの下宿の前で、車輪を留めた時、小野さんはちょうど午飯を済ましたばかりである。が出ている。飯櫃も引かれずにある。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ええ、確かに手応がありましたよ。この駅のホンの一丁程向うの陸橋の下です。しかもねえ、機関車車輪にゃあ、今度ア女の髪の毛が引ッ掛ってましたよ。豚じゃねえんです——」
とむらい機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
私が活動写真を観て、始めて芸術的感激をうけたのは「車輪」が巴里で封切された時だ。
観て忘れる (新字旧仮名) / 岸田国士(著)