“タイヤ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:たいや
語句割合
車輪50.0%
疲労25.0%
護謨輪25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雨の日のシャンゼリゼエに留度とめどもなく滑る自動車の車輪タイヤのように、彼女は自分の心頭しんとうがどこへ流れて行くかじぶんで知らないのである。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
従って、それ程頻繁に自動車の通る途ではないから、其処の路上に、残雪に濡れて確然はっきりと印された新しい車輪タイヤの跡を発見することは、比較的容易な仕事だった。
双面獣 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
ロツクフエラアの積りでは、疲労タイヤ護謨輪タイヤにもぢつた言葉の洒落らしいが、実際食後のお喋りは、どうかすると聴衆をげんなりさせて、おなか消化こなれまで悪くさせるものだ。
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
「第一私は他人様のやうに余りたんと食べません。それに他の人達は、食事が済んでゐてもまだお喋りをするために、じつと食卓についてゐる。私の考へでは、食後のお喋りといふものは、自転車の車輪のやうなもので、長ければ長いだけ疲労タイヤが大きくなる。」
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
ロツクフエラアの積りでは、疲労タイヤ護謨輪タイヤにもぢつた言葉の洒落らしいが、実際食後のお喋りは、どうかすると聴衆をげんなりさせて、おなか消化こなれまで悪くさせるものだ。
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)