“くたび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
草臥84.3%
疲労6.3%
3.9%
草疲1.6%
足労1.6%
1.2%
九度0.4%
足疲0.4%
過労0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ああ、草臥れた。」と老人は溜息が洩れた。娘は寝椅子の布が破れたのを、「家具屋さんかしら?」と言った。老人は黙っていた。
老人と孤独な娘 (新字新仮名) / 小山清(著)
そして大変疲労れて家に帰りました。宵のうちに、ちよつとお復習をして(またあしたの朝お母さんに、笑はれては口惜しい)
目醒時計の憤慨 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
國府津が三四連結してあるので紅帽注意にそれにむとして同乘者老人夫婦きりでた、れたのと
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
歩き廻っている内に草疲れて了うばかりでなく、路に迷いもするということである。果してこの通りのことが起った。
派手を競い、華美をつくし、見ているのも足労れるほど沢山、目印を各講中ごとに押立てくるが、そのどれもがかわらないのは、気狂いかと思うほど無中で太鼓をいてお題目をど鳴ることだった。
今日も朝から一日奔走いたので、すっかりれてしまって、晩方一風呂ったところが、暑くて寝られんから、ぶらぶら納涼に出掛けて、ここで月をていたうちに
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そうして、実際三度どころか、九度も戦って勝っているです。私に云わせると、それが卑怯だと思うのですな、自分の失敗を天にかずける——天こそいい迷惑です。
英雄の器 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
足疲れて転げる者、迎へに来た女房と大声で話をとり交してゐる者もあり、そしてまた鬨の声をあげてワーワーと騒ぐだけのことなのだから
円卓子での話 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
此女はよほど大切に保養せねばならんのです。それに私もこの頃過労れているので、ゆっくり静養したいと思います